社会と自分に向き合ってみる

キャリアについてや自己啓発に関する記事を書いています。
ニュースや新聞記事等を通して、自分なりの考えも書いています。
宜しくお願いします。

コミュ力

本日のタイトルはコミュニケーション能力です。【こみゅ】ではありませんよ(笑)



『就職活動において企業が学生に求める能力の第一位はコミュニケーション能力』
これはよく耳にすることで私も何度も聞いたことがあります。
しかし、「そもそもコミュニケーション能力とはなんだろう?」と漠然と思っていました。


(引用記事)


記事では『単に相手の言っていることを理解して、それ相応の回答ができるだけでなく、相手の求めるものを聞き出せる/相手の真意・感情を推し図れる/こちらの考え・感情を正しく相手に理解させることができる/意見の違う相手との折り合い(解決)をつけられる/信頼関係を築くことができる』と色々書かれています。要は仕事を進めるにあたっての基盤となる能力ということでしょう。文系であれ理系であれ、専門知識を使う使わない関係なく必要ということでしょう。
とは言っても私は就職活動にてコミュニケーション能力をアピールするのは難しかったです。といいますか、しませんでした。形や数字として表しにくく、面接時に「私にはコミュニケーション能力があります。」とは言えませんでした。社会人としての経験があれば、「営業職として提案力や交渉力を活かして売り上げを前年度から20%増やし、営業成績も社内でトップだった。」等の話を具体的にアピールしていくことができますが、社会人として就業経験のない学生にとってはなかなか難しいのではないかと思います。しかし、企業が学生に最も求める能力なので、逃れられないですよね。
だからこそ自分自身を振り返り、自分の強みをひとつでも見つけていき具体的なエピソードを添えてアピールしていきたいですね。


コミュニケーションが苦手だと思う方は、ジェスチャーやノンバーバルコミュニケーションを意識してみてもよいかもしれません。私はジェスチャーを使わないと自分の発言を補うことができない場面が多々あります(笑)


余裕があれば手話や点字にも興味を持ってみたいところです。


↓ ブログ村へ移動します。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。